借金即日したい方へ!おすすめの借金の仕方・方法とは?

今日中にお金を用意しなければならないときは、誰でも不安になってしまいますよね?
とくに、これまでにカードローンを利用したことがなければ、お金を借りる行為そのものに恐怖を感じてしまいます。
ここでは、全国に約500万人の利用者がいるカードローンが、どういうサービスなのか、メリットやデメリットの基本的なことを紹介しています。
(参考:平成28年度版 年次報告書|日本貸金業協会
まずは、カードローンの基本的なことについて理解し、「なにをすれば良いのか?」を確認してみてくださいね。

即日で借金したいならおすすめの方法は「カードローン」

まず、カードローンというのは、ローン専用のカードを使った「お金を借りるサービス」のことです。
銀行のキャッシュカードのようなカードを使い、利用できる上限額(限度額)までは、自由にお金を引き出す(借入れする)ことができる、というものです。

カードローンの特徴は、担保や保証人が必要なく、個人でも最短即日でお金を借りることができるという点です。

ただし、一般的なカードローンでは、仕事で安定した収入を得ている20歳~60歳代の人のみが利用できます。
(※くわしい年齢制限は、各カードローンによって異なるので、公式サイトの貸付条件などを確認してくださいね)
とくに未成年者と無職の人は、カードローンの利用が難しいので、身内や知り合いなどの信頼できる人を頼るようにしてください。


ここまで、カードローンの特徴について説明してきたとおり、カードローンにはメリットもデメリットもあります。
つづいては、メリットとデメリットについて説明するので、利用する前にはしっかりとこれらを理解しておいてくださいね。

カードローンを利用するメリットは3つ

まず、カードローンを利用することのメリットには、次の3つがあげられます。

  1. 借金を依頼する面倒さがない
  2. 即日借金できることもある
  3. 誰にもバレずに借金ができる

まず、知人や友人、親兄弟に借金を頼むわけではないので、「面倒さがない」というのが魅力です。
また、わざわざカードローンの店舗まで行く必要がなく、スマホだけあれば家からでもお金を借りられるので、とてもラクなんです。

また、消費者金融などの審査が早いカードローンを選べば、借金が即日できることもあります。
「最短30分」で審査が終了するものもありますので、カードローンの選び方によっては、最短なら約1時間でお金を受取ることもできますよ。

さらに、「お金を借りたことを誰かに知られたくない」と思う人も多いですが、カードローンなら誰にも知られずに借金できます。
カードローン審査で在籍確認の電話はありますが、オペレーターが個人名で名乗るので、勤務先にバレにくく安心なんです。

カードローンのデメリットはふたつ

次に、カードローンのデメリットですが、気をつけなければならない点は、次のふたつです。

  • お金を借りると利息がつく
  • 希望した金額を100%借入できるわけではない

まず、カードローンは、お金を貸すサービスなので、利息を付けてお金を返済しなければなりません。
ただし、10万円借りた場合、1日あたりの利息は49~38円程度(※)なので、返済に困るほどの利息ではありません。(※年利14~18%で算出)
もちろん、できるだけ利息は安く抑えたいものなので、低金利や無利息サービスがあるカードローンを選ぶのがオススメです。

金利の安いカードローンは?利息が低いカードローン比較

2017.10.05

また、カードローンに申込んだからといって、必ずお金が借りられるわけではありません。
カードローンの審査は、アルバイトやパートでも利用できますが、過去の金融機関との取引で延滞などが多くあったりすると、希望どおりに借りられないこともあります。
ただ、家族や友人などとの個人的なお金の貸し借りでも、必ずお金を借りられるわけではないので、カードローンに限ったデメリットとは言えませんね。


ここまで、カードローンのメリットとデメリットについて説明しましたが、カードローンを利用してみてもいいかなと思いましたか?
ただ、どうしても返済がしっかりとできないと、借金が膨らんでしまいがちです。
そこで、少しだけカードローンで借金をする場合の、返済方法についても知っておきましょう。

借金をするなら返済方法についてもチェックしておこう

カードローンで借金をする場合は、しっかりとした返済計画を考えておくことが重要です。
なにも考えずに安易にお金を借りすぎてしまうと危険ですが、無理のない範囲での利用なら、危険ということはありません。

まず、カードローンの利息ですが、「利息=借入残高×金利×利用日数÷365日」で計算をするのが基本です。
たとえば、年率14.6%のカードローンで10万円の残高がある場合は、1日あたり、10万円×0.146×1÷365=40円の利息が発生し、1ヶ月後には1,200円の利息も支払うことになります。

カードローンの残高が10万円程度なら大丈夫ですが、残高が100万円にもなってしまうと、毎月12,000円もの利息が発生することになります。
できるだけ少ない金額で利用するように心がけ、なるべく早く返済すれば、金利が高くても負担が大きくなることはありません。

カードローンの金利は、最高でも年率18%くらいです。
年率18%のカードローンで【10万円を6ヶ月で返済】する場合は、次のような返済計画になります。

返済回数 月々の返済額 元金分 利息分 残高
1 ¥18,000 ¥16,521 ¥1,479 ¥83,479
2 ¥18,000 ¥16,765 ¥1,235 ¥66,714
3 ¥18,000 ¥17,013 ¥987 ¥49,701
4 ¥18,000 ¥17,265 ¥735 ¥32,436
5 ¥18,000 ¥17,521 ¥479 ¥14,915
6 ¥15,135 ¥14,915 ¥220 ¥0
¥105,135 ¥100,000 ¥5,135

次に、返済能力にあった借入金額ですが、これは、1ヶ月あたりの「返済に充てられる金額」から求めるのがおすすめです。
具体的には、毎月2万円の返済ができるなら「1万円の返済で済む借入額」というように、返済可能な金額の半分程度にしておくと安心です。


ここまで、カードローンの返済について紹介しましたが、カードローンの返済があまり大変ではないことがイメージできましたか?
では、実際に申し込む場合、たくさんあるカードローンの中からどれを選んだらいいのでしょうか?
そこで、続いては、できれば今日中にお金を借りたいと考えている人にとって、オススメのカードローンの探し方をお話ししますね。

カードローンは早い「消費者金融系」と低金利な「銀行系」の2種類に分けられる

カードローンには、消費者金融などの「貸金業者」によるサービスと銀行のサービスとがあります。
消費者金融系は、お金を借りるまでが非常に速いのが特徴です。
一方、銀行系はお金を借りるまでに時間がかかりがちな分、低金利なのが特徴です。

というわけで、それぞれのメリットとデメリットについて、カンタンに紹介します。

消費者金融のメリットとデメリット

消費者金融のメリットは、次のふたつにです。

  • 一定期間、金利0%で借りられるものがある
  • 融資までのスピードが速い

まず、消費者金融の中には、無利息サービスが用意されているものがあります。
一般的な消費者金融の無利息は、30日分の利息が0円になるというものですが、その分だけ金利負担が少なくなります。
短期間での利用なら、低金利の銀行カードローンよりもメリットが大きくなります。

また、大手の消費者金融を選べば、非常にスピーディーな審査が受けられます。
「最短30分」で融資の限度額が決まることもありますので、借金を即日したい場合でも対応できるケースが多くなります。

一方、消費者金融のデメリットには、次の3つが考えられます。

  • 銀行カードローンよりも金利が高め
  • 金融機関のイメージが悪い
  • 高額融資に不向き

まず、銀行カードローンと比べると、消費者金融の金利は、高めの水準になっています。
半年以内の返済計画なら大きな違いとはなりませんが、高額融資を受けて長期間の返済をするケースでは、金利負担が大きくなることがあります。

また、銀行と比べると消費者金融のイメージがあまり良くありません。
しかし、大手の消費者金融のカードローンを選べば、貸金業法の厳しい規制のもとでサービスが提供されますので、違法な貸付や取立といった心配はありません。

銀行カードローンのメリットとデメリット

次に、銀行カードローンのメリットでは、次のふたつがあげられます。

  • 消費者金融よりも低金利のサービスが多い
  • 銀行という安心感がある

まず、消費者金融と比べると、銀行カードローンの金利が低金利の傾向にあるといえます。
金利の高さは、ローンの負担の大きさを表していますので、少ない負担でお金が借りられるのが、銀行カードローンのメリットです。

さらに、取引しているのは銀行なので、消費者金融よりも安心して利用できます。

一方、銀行カードローンのデメリットとしては、次のふたつが考えられます。

  • カードローン審査が厳しい
  • 借入れまでに時間がかかる場合がある

まず、金利の低い銀行カードローンは、やはり、審査が難しいと考えられています。
より確実にお金を借入れしたい、審査に自信がない、という場合は、銀行カードローンよりも消費者金融が向いています。

また、銀行によっては、カードローンの限度額が決まるまでに1週間以上かかる場合があります。
そのため、借金を即日したいときは、消費者金融を選ぶのがおすすめです。

ここまで、消費者金融と銀行のカードローンを比較しましたが、基本的には低金利を希望するなら「銀行」、スピード重視なら「消費者金融」と選んでくださいね。

即日借金するために!とにかく早い申込~借入の流れをチェックしよう

とにかく早くお金を受け取りたい場合は、無人契約機を活用するのがおすすめです。
大まかな流れは、以下のイラストのとおりです。

インターネットで申し込んだ後、審査時間を利用して無人契約機に来店し、無人契約機内でカード受け取るだけの簡単な方法です。
また、無人契約機では、土日祝日でも最短即日のカード発行が可能です。
このカードは、ほぼ24時間いつでもコンビニATMなどで利用することができるので、急いでいる人にはピッタリなんですね。

ただし、プロミスやアコムのように、特定の銀行口座がある場合に夜間でも即日振込ができるケースもあります。
振込キャッシングの大まかな流れは、以下のとおりです。

振込キャッシングでは、申込から契約、振込依頼まですべてインターネットだけで完了するのが特徴です。
一般的な振込先の場合、即日でお金を借りるためには平日の14時ごろまでに振込依頼をする必要があります。
ただし、消費者金融のプロミスなら、三井住友銀行かジャパンネット銀行の銀行口座があれば、24時間いつでも「受付完了から最短10秒」で振込手続が可能です。
アコムについても、楽天銀行への振込キャッシングなら、0:10~23:50までなら1分程度で振込みが完了します。
このように、振込先の銀行を選べば、無人契約機を利用するよりも振込キャッシングのほうが夜遅くまで利用できますよ。

カードローン審査に必要な在籍確認と書類提出に備えよう

一般的なカードローンの審査では、消費者金融か銀行に関係なく、在籍確認の手続きが行われます。
在籍確認は、カードローンの申込み時に申告した「お勤め先の情報」が正確であることを確かめる手続きです。
カードローン会社のオペレーターが勤務先に電話をかけ、あなたを呼び出す方法で行われるのが一般的です。
一般には、オペレーターが個人名で名乗りますので、勤務先に借入れがバレる心配はありません。
ただし、どうしても勤務先への電話に不安を感じるなら、「新車のローンを組んだ」などの言い訳を考えておくと安心です。

なお、カードローンの申込みでは、本人確認書類と収入証明書類が必要になることがあります。

本人確認書類は、カードローンの申込みをした本人であることを確認するためのもので、次のような書類になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

なお、自分の年収を証明する収入証明書類は、50万円超などの高額を希望する場合や、審査の段階で求められた場合に必要です。
収入証明書類には、以下のようなものがあります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書の控え
  • 納税証明書
  • 所得証明書

借金を即日でしたい場合は、審査が迅速なカードローンを選ぶのがおすすめです。
審査が早いサービスなら「最短1時間」のお金の受取りも不可能ではありません。
借入後のことも考え、しっかりと返済計画についても検討してから申込むようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人