消費者金融が初めてで不安な方が申込前に気を付けること

急な出費でお金が必要になったけれども、手元にお金が残っていない。
そんな状況でも心強い味方になってくれるのが消費者金融です。

ここでは、初めて消費者金融というものに申込みをし、借入を行っていく上で注意したい点や、気を付けるべきポイントなどについてご紹介していきます。

初めての人におすすめの消費者金融

アコム

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
ご利用限度額 1万円~800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
収入証明書 50万円まで不要*
無利息期間 ご契約翌日から30日間

※お借入れ総額により収入証明書が必要

アコムでは、初めてのご利用なら契約から30日間の無利息サービスがあります。
また、楽天銀行なら土日や夜間でも振込での借入がOKです。

→【アコムの公式サイトはこちら


プロミス

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
ご利用限度額 1万円~500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
収入証明書 50万円まで不要
無利息期間 初回借入翌日から30日間
プロミスは初めてのご利用なら初回借入の翌日から30日間が無利息期間サービスあり。
また、一部を除いたすべての金融機関で24時間いつでも振込での借入ができます。

→【プロミスの公式サイトはこちら


アイフル

アイフル

実質年率 3.0%~18.0%
ご利用限度額 1万円~800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
収入証明書 50万円まで不要
無利息期間 ご契約翌日から30日間
アイフルは、初めての利用の方に限り30日間の無利息サービスあり!
セブン銀行ATMとスマホアプリを利用したカードレスの借入サービスもあります。

→【アイフルの公式サイトはこちら


SMBCモビット

SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
ご利用限度額 1万円~800万円
審査スピード 即時※
融資スピード 最短即日※
収入証明書 必要

※申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

三井住友銀行または三菱UFJ銀行に口座をお持ちの方ならWEB完結申込みなら、申込みから借入れまですべてネット上で行えて、電話連絡なし・郵送物なし!

→【SMBCモビットの公式サイトはこちら

消費者金融の申込条件と必要書類

消費者金融は、無条件でお金を貸してくれる訳ではなく、必要なお金を借りるためにはそのための申込み条件をクリアし、かつ必要書類などを揃える必要があります。
とはいえ、その条件はさほど厳しいものではありませんのでご安心ください。

初めての借入を申込みたいけれど、細かい部分が分からないという方のために、消費者金融での借入の申込み時に必要な条件や書類について以下で詳しく説明していくので、初めてという方は参考にしてみて下さい。

20歳以上で安定した収入があれば申込は可能

消費者金融でお金を借りるために必要な申込み条件はいくつかありますが、大前提となるのが年齢です。

年齢の条件は20歳以上、65~70歳未満(上限年齢については消費者金融各社によって差があります。)となっており、例え「学生でもOK」と宣伝している消費者金融でも、20歳以上という年齢条件を満たすまでは利用できません。

次に必要なのが、安定した収入があることです。
「安定した収入」とは、毎月継続的にある収入という意味であり、会社員の給与などが該当します。

パートやアルバイトでも、月の収入が安定していて、特に長期の勤務期間がある場合などでは、問題なく申込みをすることが可能です。

提出書類は基本的には身分証明書のみ

申込時に必要となる提出書類は、基本的には身分証明書のみです。
運転免許証や健康保険証、パスポート、住民基本台帳カード、印鑑証明書、各種公的証明書などが該当します。

運転免許証や健康保険証であれば、問題なくどの消費者金融でも身分証明書として使うことができます。

ですが、これらが準備できない場合、それ以外どの身分証明書が必要なのかは、申込みをする消費者金融の会社により異なる場合がありますので、ご自分が用意できる身分証明書で問題ないかを事前に確認すると良いでしょう。

また、借入の条件によっては身分証明書以外に収入証明書という書類が必要になる場合があります。

その条件とは、借入希望金額が50万円以上であるか、もしくは他社を含めた消費者金融の借入総額が100万円以上となる場合です。

消費者金融へ申込む前にチェックしておきたいこと

消費者金融へ申込みをすることを決めたなら、事前にチェックしておきたいことがいくつかあります。それは次の4つです。

  • 自分が借りたいと思う時期までに手続きが完了できるか?(即日融資など)
  • 借入の利率、条件など
  • 準備できる身分証明書で申込みができるかどうかの確認
  • 申込みの流れと審査の内容などについて

申込みをしようと決めた消費者金融会社の以上の点については、初めての申込みを開始する前に把握するようにしておきましょう。

即日融資にはタイムリミットがある

現在はほとんどの消費者金融で即日融資を受けることができますが、その即日融資にはタイムリミットがあることを知っておくことは重要です。

そのタイムリミットは2つあり、ひとつには銀行振込での融資のタイムリミットと、ローンカードを発行してのATM引き出しでの融資のタイムリミットです。

必要なお金が銀行に入金されなければならないのか、それとも手元に必要かで違ってきますので、注意するようにしてください。

なお、そのタイムリミットは銀行振込での融資が平日の15時(銀行の振込が当日扱いになる時間まで)と、消費者金融の無人契約機(店舗)の営業終了時間である22時です。
この時間までに申込みをし、審査を受けて契約を完了しておく必要があります。

振込融資の場合は、最近では24時間振込対応が可能な金融機関と提携しているカードローンも増えてきていますので、ご自分の希望する銀行口座が対象かどうか、事前に確認しておくと良いでしょう。

振込融資かカード発行かを決めておく

ここまでの説明でお気づきになったかと思いますが、初めて消費者金融で申込みをする際には、振込融資と無人契約機でローンカードを発行してATM引き出しで借り入れする方法があります。

どちらを選ぶかで申込み方法も変わってきますので、申込みをする当日までには、振込融資にするか無人契約機で契約するかを決めておくことをお勧めします。

高額を借りる場合は収入証明書が必要

消費者金融で一定額以上を借り入れる際に気を付けたいのが、収入証明書の準備です。

様々な条件はありますが、一般的に一度に50万円以上の借入を希望する場合には、収入証明書の提示が求められます。

なぜこのような証明書が追加で必要になるのかといえば、借り入れる人に返済能力がきちんとあるかを確認しなければならないと、法律で定められているからなのです。

では、その収入証明書として求められる書類にはどのようなものがあるでしょうか?
それは、次のようなものとなります。

  • 給与明細書:会社などの勤務先が発行する給与の詳細が記された書類
  • 源泉徴収票:会社などの勤務先が発行する所得税額などを証明できる書類
  • 確定申告書:主に個人事業主が税金を確定するために作成する書類
  • 所得証明書:各市町村によって交付される年間の所得を証明する書類
  • 課税証明書:各市町村によって交付される年間の税金額を証明する書類

消費者金融で申込みをした際に「収入証明書類の提出をお願いします。」と言われた場合には、上記いずれかの書類を準備しておくようにしてください。

30日間無利息サービスの開始日・返済期日を確認

消費者金融大手の各社は、「初回借入30日間無利息サービス」などのキャンペーンを展開していることがあります。

これは、とてもお得にお金を借りられるチャンスなので、積極的に利用して頂きたいのですが、いくつかの注意点がありますので気を付けて下さい。

ひとつは、キャンペーンを実施している会社によって、無利息期間の開始日が異なるケースです。

例えば、A社は「初めて借入を行った日から30日間が無利息」、B社は「初回契約が完了した日から30日間が無利息」といったような違いがあります。

A社の場合は契約した日に借入を行わず、10日後に初の借入を行ってもその後30日間の無利息期間がありますが、B社の場合は同じ条件で借入を行った場合、無利息期間が残り20日となってしまうのです。

10日分の利息ですと金額もある程度大きくなりますので、損をしないように初日がいつになるかを把握するようにしましょう。

また、返済期日についても注意をしましょう。
契約の内容によって、借入をした日から30日以内に銀行引き落としなどの返済日が間に入る場合があります。

その場合は、キャンペーンをフルに活用できないことになってしまいます。
そのような場合は返済金額を少なめにして、無利息期間の最後の方で一括返済を行うなどの工夫が必要になってきます。

職場への在籍確認は必ず行われる

初めて消費者金融に申込みをする場合、避けて通れないのが在籍確認です。

勤務先によっては、事前の対応が必要になる場合がありますので、在籍確認の方法などについて知っておきましょう。

消費者金融の在籍確認とは?

消費者金融の在籍確認とは、申込み時に申告した勤務先に本当にあなたが在籍しているかどうかと言うことを、消費者金融が確認を行うことです。

なぜこのような手続きが必要なのかというと、申込者の中には勤務先を偽って申し込む人がいる場合があるからです。

また、安定した収入があるということを確認するという面もあります。
この在籍確認は、基本的には電話で行われます。

アルバイトの在籍確認

アルバイトやパートの場合でも、職場への在籍確認は行われます。
その場合、もしもあなたがアルバイトの配達などで職場を離れていても、他の方が、「○○さんは今配達で外に出ており不在にしています。」等の対応をしてくれれば、在籍確認はとれたことになります。

いずれの場合も「あなたが消費者金融からお金を借りようとしている」という事情は伝わらないように確認されるので、その点は安心してください。

派遣社員の在籍確認

派遣社員の場合、派遣元と派遣先のどちらに在籍確認の電話が来るかというと、派遣先ではなく派遣元へ来ます。

ですので、日常的には派遣先にいるため、ほぼ確実に不在のタイミングで在籍確認の電話がかかってくることになります。

あなたが電話先にいなくても大丈夫なのですが、派遣元には多数の登録者がいるため、全員の名前を把握しているとは限りません。

電話に出た方が、申込者のことを把握しておらず「〇〇という者はおりません」と回答してしまうと、在籍確認が成立しません。

ですので、事前に在籍確認があるということを連絡し、対応してくれるように依頼するなど、準備が必要になる場合があります。

その場合は「クレジットカードを申し込んだ」などと言っておけば、怪しまれずにすむでしょう。

職場への在籍確認電話が難しい場合

職場への在籍確認電話がなんらかの事情で難しい場合は、申込時に担当してくれるオペレーターに相談してみましょう。

中には、電話確認の代わりに、給与明細や保険証の書類の提出で在籍確認に代えてくれる場合もあります。

また、最初から在籍確認を行わないローンサービスもあります。
例えばSMBCモビットの「WEB完結申込」の場合、職場への電話連絡は行われません。

SMBCモビット在籍確認は?電話連絡なしのWEB完結申込

2017年3月8日

消費者金融の効率的な申し込み手順

特に即日借入が必要な場合など、消費者金融の申込みを早く終わらせたい場合には、効率的な申込み手順を選ぶ様にしましょう。

そうすることで、スムーズに申込みができたり、即日借入の締め切り時間までに間に合う様になります。

申込はスマホかPCから

効率的な申込みの基本は、スマホやPCからの申込みです。

他にも、無人契約機や電話、店舗などの申込み方法はありますが、移動時間が必要だったり、申込み内容を伝えるのに時間がかかったり、審査待ちの時間が無駄になるといった場合があるので、おすすめしません。

スマホやPCからの申込みですと、文字も手書きでする必要もありませんし、提出書類のアップロードもスムーズに行えますので、効率的に申込みをしたい場合はスマホかPCを使うと良いでしょう。

カード発行をする場合は審査の時間を使って移動を

即日借入など急ぐ場合の手続きにおいて、自動契約機でのカード発行での借入を行う場合は、ネット申込みをした後の審査時間を利用して実店舗へと移動しましょう。

審査が終わるまでの時間の余裕で実店舗に到着することができて、時間の無駄がなくなり効率的です。

審査通過のメールを受け取ったら、すぐに無人契約機で契約とローンカードの発行をし、そのカードを一緒に設置してあるATMに通せば、すぐに借入を行うことができます。


初めて消費者金融に契約を申込みするのは、緊張するかもしれません。
ですが、大勢の人が利用している便利なサービスであることは間違いありませんので、落ち着いて、ひとつずつ確実に対応していくようにしましょう。

今回は、一通り初心者の方が初めて申し込む場合に知っておいた方が良いというポイントなどをご紹介しましたので、実際に申し込む際の参考にしてみてくださいね。

関連記事

大手消費者金融4社おすすめ一覧を徹底比較

2017年11月21日

免許証だけでお金借りれる!給料明細なしでOKの即日カードローン

2016年11月18日

ABOUTこの記事をかいた人