消費者金融は保証人不要!申込の必要書類は何が必要?

「消費者金融のカードローンに申込む時って保証人無しでいいの?」
「提出する書類が面倒なんじゃないの?」
カードローンを利用したいけど、面倒な手続きがイヤでなかなか申込できないと悩んではいませんか?

実は、ほとんどの消費者金融は保証人なしで利用ができます。
また提出書類についても、最低限のものだけ揃えればOKなので、本当に簡単に借入ができるんですよ。

でも、保証人なしで借入できるのには、それなりの理由があります。
ここでは、消費者金融が保証人なしで借入できる理由や必要書類についてと、保証人なしの消費者金融を利用する際の注意ポイントについて解説します。

申込時に必要な書類を用意しよう

消費者金融では担保も保証人も必要ありませんが、最低限揃えなくてはいけない書類があります。
揃える書類はほとんどの人が手元にあるものを用意するだけなので、それほど身構えることはありませんよ。

全員提出が必要なのは本人確認書類だけ

消費者金融のカードローンに申込をする人全員が用意しなければいけないのが、本人確認書類です。
申込をしているのが、あなた本人であることを証明するための書類ですね。

本人確認書類として認められるのは次の通りです。

いずれか1点必要
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 健康保険証

ただし、健康保険証を提出する場合は、顔写真が載っていないので、もう一つ添付書類を用意しなければいけません。
顔写真入りの書類を出す場合でも、引っ越しをしたばかりで住所が以前のままになっている場合も同様です。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(水道・電気・ガス・NHK・固定電話など)
のどちらかを用意しましょう。

限度額によっては収入証明書類も必要

もしあなたが申込む希望限度額によっては、もう一つ、収入を証明するための書類を用意しなければいけません。
次のどちらかに当てはまっていないか確認しましょう。

  • 希望限度額が50万円を超える
  • 他社からの借入残高と、今回の希望限度額の合計が100万円を超える

どちらか一つでも当てはまる場合は、収入証明書類として次の中から一つ書類を提出する必要があります。

  • 給与明細(直近2ヶ月分+賞与明細1年分)
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書

また、希望額が高額でなくても収入証明書類が必要な場合もあります。
念のため、申込前に準備しておくと安心ですね。

消費者金融は保証人の必要なし!その理由は3つ

お金を借りる時には、保証人や連帯保証人を立てる必要がある場合があります。
万が一、貸したお金の回収ができなかった際に、債務者本人以外に取り立てができるようにするためです。

初めてカードローンを利用する人にとっては、このイメージが強く、なかなか申込に踏み出せないという人が多いですよね。

しかし、消費者金融の多くは保証人も連帯保証人も必要ありません。
「なんで保証人が必要ないの?逆に怪しい・・・」と思うかもしれませんが、それには次のような理由があります。

金利を高く設定し、万が一回収できなかった時のリスクヘッジをしている

担保ありのローンや目的別ローンと比べると、消費者金融の金利は比較的高いです。
上限金利は、ほとんどが年18.0%に設定されています。

年18.0%の金利で10万円を借りた場合、1ヶ月で約1,480円の利息が付いてしまうんです。
意外に高いと感じる人も多いのではないでしょうか。

金利を高く設定することで、万が一貸し付けた分を回収できなかったとしても、トータルでマイナスにならないようになっているんですね。

ただ、金利が高くてもお得に利用する方法はあります。
このページの後半で紹介するので確認してくださいね。

申込内容や信用情報を元に審査を行い、支払い能力の有無を確認している

担保も保証人も必要ないカードローンを利用する場合、必ず審査が行われます。
誰でも利用できるというわけではないんですね。

申込条件の中にも、「安定した収入があること」が含まれていることがほとんどなので、注意してくださいね。

審査では、申込時に入力した内容と個人の信用情報を元に審査が行われます。
この審査により、返済能力がない人や過去に金融事故を起こした人に、貸出をするリスクを抑えているんですね。

融資スピードや使い勝手を重視している

消費者金融のサービスは、何より融資スピードや利用のしやすさを重視しています。

もし保証人や担保を用意しなければいけないとなったら、申込をするための手間が増え、審査の時間も長引いてしまうため、多くの人が利用を躊躇してしまいますよね。

消費者金融では、できる限り多くの人が利用できるように、最低限の利用条件は

  • 年齢20歳以上69歳以下であること
  • 安定した収入があること

を満たせばOKとなっています。

これらの条件を満たせば誰でも申込できるので、多くの人が便利に利用できるんですね。

保証人不要だからこそ備えておきたいポイント

保証人も担保も必要ない消費者金融のカードローンはとても魅力的ですが、それだけで安心しきってはいけません。

保証人なしで利用できるからこそ気を付けなければいけないポイントもあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

高い金利を支払わないための対策

消費者金融は保証人が必要ない代わりに、高めの金利でリスクヘッジをしています。
しかし、高い利息を支払わなくてはいけないかというと、必ずしもそういうわけではありません。

使い方によっては、他のどのローンよりもオトクに利用することができるんですよ。

無利息期間をムダなく使う

消費者金融の多くは、金利が高い代わりに最初の30日間だけ無利息で借入ができるというサービスがあります。

年18.0%の金利で10万円借入した場合は、1ヶ月で約1480円の利息がついてしまいますが、初回利用の際に利用できる無利息期間の間であれば、限度額内でいくら借入をしても一切の利息がつきません。

無利息期間を上手に使ってオトクに借り入れをしてくださいね。

事前に返済計画をたてておく

カードローンを利用する前に、何の返済計画も立てずに借入をする人がいますが、あらかじめ計画を立てておかないと、いつまでたっても完済できないという事態に陥ってしまいます。

毎月の返済額は最低限の金額が定められており、それ以上の金額を返済すれば、いくら返済しても構いません。
返済額を最小限に抑えれば、毎月の負担は限りなく少なくすることができるんですね。

しかし最小限の返済をしているだけでは、なかなか元金が減らないので、いつまでたっても完済できません。
30日間の無利息期間を過ぎてしまったら、消費者金融の利息はとても高いです。

毎月の返済額はできる限り多く設定し、素早く完済させてしまいましょう。

審査の通過確率を上げるための対策

消費者金融の審査は、決して誰でも通過できるような優しいものではありません。
しかし銀行カードローンなどと比べると、比較的審査に通過しやすいのも事実です。

申込をする直前でも事前にできる対策もあるので、できることはしておいた方が良いでしょう。

一度に申込するカードローンは1社のみ

カードローンへ申込む際に、一度に何社も申込をする人がいます。
受験の時に滑り止めの学校を受けるのと同じ感覚なのでしょうが、実はこれ、逆効果なんです。

あなたがカードローンへ申込をした履歴は、個人の信用情報に残ってしまいます。
短期間の間にたくさんのカードローンへ申込をしている履歴があったら、相当お金に困っていると思われ、審査に悪影響を与えてしまう恐れがあります。

申込するカードローンは1社のみにするように気をつけましょう。

勤め先を複数掛け持ちしている場合は、勤続年数が長いものを書く

申込をする際には、あなたの職場についても詳しく記入しなければいけません。
どんな会社に何年勤めていて、年収はいくらなのかを詳しく見られています。

アルバイトを複数掛け持ちしているフリーターの人の場合、会社規模が一番大きいものを記入するか、収入が一番多いものを記入する人が多いですが、ここでは勤続期間が一番長いところを記入するのが正解です。

コロコロ勤め先を変える人よりも、一つの会社で長く勤めている人の方が、貸し付けたお金を回収できる可能性が高いからです。
収入金額については、すべての収入の合計を記入すればOKですよ。

嘘を記入するのは絶対NG

申込時に入力する内容で、少しでも審査に通過する可能性を上げたいという思いから、嘘の内容を記入してしまう人もいるかもしれません。
残念ですが、カードローンへの申込の際に嘘を記入すると、かなりの高確率でバレてしまいます。

審査の際に見られる個人の信用情報の中には、他社からの借入金額や件数、過去の金融事故など、多くの情報が記載されています。

勤めている会社を偽装しようにも、審査の段階で在籍確認という行程があり、会社に電話がかかってきて、あなたが在籍しているかどうかを確認されてしまうので、すぐにバレます。

嘘を記入した場合、内容によっては罪に問われる可能性もあります。
プラスになることは何もないので、正直に記入してくださいね。

融資スピード、使い勝手の良さを最大限に引き出す方法

消費者金融の最大のメリットは、融資のスピードと使い勝手のよさです。
せっかくのメリットなので、余すことなく存分に活用しましょう。

ネットで申込み、ネットで契約

消費者金融への申込は、インターネット、電話、自動契約機の3種類が用意されています。
とにかく早く借入を希望する場合は、インターネットで申込をしましょう。

電話の場合は、漢字の表記などもすべて口頭で伝えなければいけないので、時間がかかりますし、万が一周りに誰かいたら、個人情報が筒抜けになってしまいます。

また、事前申込をせずに直接自動契約機へ行けば、申込から契約までを一箇所で済ますことはできますが、審査の待ち時間の間にその場から離れることができないので、タイムロスが発生してしまいます。

インターネットであれば、申込は10分程度で完了します。
スマホを使えば場所を選ばずに申込ができるので便利ですね。

また審査が完了した後の契約も、そのままインターネットで行うことができます。
外出せずにスピーディーに手続きをすませられる、インターネットでの契約を活用してみてくださいね。

専用カードを使わない借入もしてみよう

消費者金融の借入方法は、カードを使ってATMからお金を引き出すだけではありません。
インターネットで契約を済ませた後に、インターネットから振込の手続きをすれば、あなたが登録した銀行口座に振込をしてもらうこともできるんです。

またカードローンの種類によっては、カードなしで提携ATMから借入をすることもできます。
セブン銀行のATMを利用すれば、スマホのアプリと連携させることで、借入が可能です。

あなたのライフスタイルに合わせて、使い勝手の良い借入方法を選んでくださいね。


最近では、カードローンを利用する時に保証人が必要な消費者金融はほとんどありません。
手続きは本当にシンプルで、申込をした日のうちに借入ができてしまいます。

保証人を立てるのが嫌で申込ができていなかったという人は、この機会にぜひ利用してみてくださいね。

関連記事

保証人なしでお金を借りれるカードローン

2018.03.12

免許証だけでお金借りれる!給料明細なしでOKの即日カードローン

2016.11.18

ABOUTこの記事をかいた人