収入証明書不要のキャッシングはどこ?いらない場合といる場合の条件

お金を借りたいけれど、収入証明書を用意するのは面倒だなと考えていませんか?
収入証明書類とは、源泉徴収票などの収入が明記されている書類のことで、公的機関にも提出できる正式なもののことです。
あなたが申告した収入額が正しいことを、カードローン会社に証明する目的で提出します。
ただ、こうした書類はいつも持ち歩いているわけではなく、自宅の書類保管ケースなどにしまっているため、スグには用意できませんよね。
そのため、できれば収入証明書なしでお金を借りたいと考えている人は多いんです。
そこでここでは、収入証明書が必要となってしまう条件や、もし必要になってしまった場合はどのように準備したらいいのかについて説明します。

収入証明書類が必要になるのは高額融資を希望したとき

以下の場合、キャッシングの申し込みに「収入証明書類」が必要になります。

  1. 借入希望額が50万円を超えるとき
  2. 他社の借り入れと合わせて100万円を超えるとき
  3. 審査の過程で「返済能力」の判断がつけにくいとき

1と2は明確な基準なのでわかりやすいですが、3の「審査で必要と判断」というのがわかりにくいですよね。
これは「返済能力の有無」が判断しづらい場合のことで、具体的な内容は次のような状況のときです。

  • 申告内容のつじつまがあわない、明らかに事実と内容が異なっているなどで、申込時の申告内容がウソだと疑われたとき
  • 在籍確認で「電話連絡なし」を希望し、電話連絡の代わりに、書類確認を希望したとき
  • 信用情報に遅延・滞納などの金融事故の履歴があり、「返済能力が低い」との疑問が発生したとき

このように、審査ではしっかりと返済能力を確認しているんです。

とはいえ、上記の1.2.3.のケースに該当しなければ、「収入証明書なし」でお金を借りられます。
ただし、初めて借り入れする時は、希望額を10万円程度にとどめておくのが得策ですね。
その上で、申込内容や提出書類に不備がないかしっかり確認していきましょう。

【補足】銀行カードローンの収入証明書について

さて、カードローンといっても様々ですが、大きく「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の2種類に分けられます。
消費者金融などの貸金業者は「貸金業法」、銀行は「銀行法」に従って営業しており、さきほど紹介した収入証明書提出ルールは「貸金業法」のものです。
一方、銀行法にはこれまで収入証明書提出についての明確なルールがなく、各行で提出基準を決めていました。
しかし、現在はそれが問題視されているために、銀行も貸金業法と同じ基準で収入証明書の提出を求めるようになっています。

収入証明書類の具体例と提出方法

収入証明書の提出についてお伝えしてきましたが、具体的な収入証明書類は以下のとおりです。

【源泉徴収票、確定申告書、給与明細書、所得証明書、納税証明書】
の中からいずれか1点

各カードローンによって提出物は若干異なりますが、「源泉徴収票」はどのカードローンでも共通しています。
なお、源泉徴収票や給与明細書は「直近のもの」が必要なので注意してください。

では、つぎにこれらの書類をどのように提出するか説明しますね。

収入証明書類の提出はWEBアップロードまたは自動契約機に持参

収入証明書類の提出方法は「WEBにアップロードする方法」と「自動契約機に持参する方法」の2種類あります。

WEBにアップロードする場合

WEBにアップロードする場合は、書類の写真を撮りましょう。
撮影するときは、文字や顔写真などがハッキリと見えるように撮影してください。
あとはその画像を指定のURLにアップするだけです。
カードローンによっては、アプリを用意してくれているところもあるので、それを利用するのもいいですね。

自動契約機に持参する場合

自動契約機をつかって提出する際は、収入証明書の現物かコピーを持参してください。
画面の指示にしたがって、スキャナで書類を読み取ってもらいましょう。


今回は、カードローンの利用に収入証明書が必要になるケースについて、くわしく説明しました。
一般的には、少額を借り入れすれば収入証明書が必要になることはないので、初回借入は10万円以下などの少額を希望するのがオススメですよ。
 

関連記事

在籍確認なしで借りられる?電話連絡なしで審査するポイント

2017.07.21

免許証だけでお金借りれる!給料明細なしでOKの即日カードローン

2016.11.18

ABOUTこの記事をかいた人