収入証明書不要でキャッシングできる消費者金融

「時間がないのに提出書類の準備なんて・・・」「収入証明って本当にいるの?」と、キャッシングするのに疑問や面倒くささを感じている方に向けてお伝えします。
収入証明書なしでお金を借りることは可能です!

そもそもキャッシングとは金融機関などが個人向けに小口(少額)の融資することで、無担保、保証人も不要で借りれるのがウリとされています。
なので、提出書類も運転免許証などの本人確認書類だけでOKなのです。

しかし一定の基準を超えてしまうと、キャッシングするのに収入証明書類が必要となるため、それなりの条件やコツを知っておく必要があります。

ということで、収入証明書なしでスムーズにキャッシングするためのおすすめ先と、申込のコツをお伝えしていきましょう。

収入証明書不要でキャッシング!おすすめはズバリ消費者金融

収入証明書なしでキャッシングするには、消費者金融がおすすめです。
消費者金融は、利用者のニーズをしっかりとくみ取ったサービスや商品展開をしています。

キャッシングする際も、基本は本人確認書類のみで利用できますし、多くの金融機関と連携をとっているので、キャッシングするにも柔軟に対応してくれるからです。

とりわけ大手消費者金融は銀行の傘下に入っていることもあり、経営が安定していて安心利用ができることもおすすめ理由のひとつになります。

おすすめの消費者金融
  • アイフル
  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

収入証明書なしでキャッシングするためには

収入証明書なしでキャッシングするには、次の2つの条件があるのでそれを意識するようにしましょう。

  1. 希望の借入額が50万円を超えないようにする
  2. 希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超えないようにする
※多重債務者を増やさないために制定された法律「総量規制」が絡んでいるので、必ず守らないといけないルールです。
総量規制については後ほど説明します。

① 希望の借入額が50万円を超えないようにする

キャッシング額が50万円を超えてしまうと、収入証明書類が必要となります。
なお50万円を超えなくても、初めてキャッシングを利用する人は、収入証明書類の提出を求められることがあるので気を付けましょう。

② 希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超えないようにする

すでにキャッシングを利用している人が、別のところで追加の借入れをする場合、借入額全体で100万円を超えないよう気をつけましょう。
100万円超えになると必ず収入証明書の提出が求められますので、常に利用残高は意識してください。

収入証明書はなぜ必要なのか

「あれ?消費者金融は基本、本人確認書類のみでキャッシングできるんじゃなかったっけ?」
おっしゃる通り、基本は運転免許証などの本人確認のみでキャッシング手続きが取れます。
では、なぜ2つの条件が設定されているのでしょうか。
その理由を説明します。

多重債務者を減らす目的の総量規制

キャッシングの利用が定着し始めたころ、日本は全体的に低迷した経済状況もあり、多額のキャッシングをする人が多くいました。
その結果、多重債務となり返済ができなくなったり、厳しい取り立てなどで追い詰められ、自殺をする人の数が増加したのです。

その状況を改善すべく、国が新たに設定したのが総量規制という法律です。
法律が改正されてからは、消費者金融も強引な取り立てなどをしない健全な会社が残り、今に至っています。

収入証明が必要な理由とは

日本貸金業協会のHPで収入証明書類が必要な理由が解説されています(参考:年収を証明する書類とは|日本貸金協会)が、かみ砕いて説明すると、次のようになります。

キャッシングする人がきちんと返済できるかどうか、返済にあたり生活に影響を与えないくらいの収入があるか、をしっかりと見極めるため

総量規制が多重債務者を減らすために作られたものなので、「できるだけ利用者には生活を確保しながら賢くお金を使ってください」と言う意図が含まれているんですね。
収入証明書類が必要なのは、利用者を守るためのことと理解しておきましょう。

収入証明書類が必要になったら。その準備と対策

できるだけ本人確認書類のみでキャッシングしたいけれど、どうしてもそれなりのお金を借りなければいけない・・そんな時は収入証明の準備をあらかじめしておきましょう。
では何を、どう準備するのか説明しますね。

代表的な収入証明書類

収入を証明する書類は複数ありますが、代表的なものをいくつかご紹介します。

  1. 源泉徴収票
  2. 給与の支払い明細書
  3. 確定申告書
  4. 納税証明書
  5. 所得証明書

会社員のように組織のなかで仕事をしている人は、①や②であればスグに用意できますよね。
会社勤め以外の人であれば、③④⑤などの書類を役所からもらっておきましょう。
※自営業や個人事業主の人は青色申告決算書も有効です。

ただ、各キャッシング会社で提出書類が異なりますので、必ずHPで確認するようにしてくださいね。

担当者に返済能力をアピールしておく

収入証明書類が必要な金額でのキャッシングを希望した場合、必ずといっていいほど担当者から確認の電話が入ります。

その時に、証明書類は用意できることやこれまでの返済では滞納はない等、返済能力をしっかり伝えるようにしましょう。
キャッシング審査の基準は「返済能力の有無」、これをしっかり認識しておいてください。

スムーズにキャッシングするコツ

さて、次はスムーズにキャッシングするにはどうすればよいかを少しお話しますね。
まずはこれまでお伝えした、総量規制の内容と2つの条件をもう一度整理しましょう。

総量規制とは
利用者の年収3分の1以上の融資は禁止
基本的に年収を証明する書類を確認する必要あり
年収を証明する書類を提出する条件は
ある貸金業者から50万円を超えて借入れる場合
他の貸金業者からの借入れ分も合わせて合計100万円を超えて借入れる場合

これらを前提に考えると、できるだけ借入希望額を低く設定することが大切になってきます。

収入証明書類が必要となれば、審査も厳しめになるでしょうし、そうなればお金を手にするまでに時間もかかります。
できれば、50万円より低い額で、できるだけ少ない利用希望額を提示するのが、コツと言えます。
スムーズにキャッシングしたいのなら、必要最低限の金額からスタートしましょう。

消費者金融のキャッシングで利用できるサービス

消費者金融は利用者が使いやすいサービスも複数用意していますので、それも活用しながら上手にキャッシングすれば、お得に利用できます。
少しご紹介しましょう。

無利息サービスを利用しよう

無利息サービスとは、初回利用者に限られますが一定期間は金利が発生せず、無利息でお金が借りられるサービスです。

多くの消費者金融は30日間を設定していますが、キャッシング会社によっては30日以上の設定をしているところもあります。
借りたお金をサービス期間中に返済すれば、元金のみの返済になるのでとってもお得です。

銀行振込みで24時間キャッシング可能

消費者金融では、借りたお金を自分の銀行口座に振り込んでくれるサービスがあります。
今では24時間振込み可能な銀行と提携しているキャッシング会社も増えてきました。
いつでもキャッシングできる安心感が広がっています。

スマホひとつでキャッシング

セブン銀行ATMからスマホでキャッシングできるサービスもあります。
スマホアプリから申し込み、スマホで契約を済ませ、スマホを使ってセブン銀行ATMでお金を引き出すだけです。
ローンカードやキャッシュカードが無くてもキャッシングできる新しいサービスです。
2019年現在では、プロミス、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAなどで利用が可能です。


収入証明書類が不要でもキャッシングできる消費者金融の便利さ、お分かりいただけましたか?

お金を借りるには、それなりの事情はあるものです。
しかし、生活の破たんにつながってしまうと元も子もありません。

自分の生活を守りつつキャッシングするには、収入証明書類なしの少額で借りることも大切になってきます。
自分自身の状況もしっかりと考えて、賢くお金を借りるようにしてくださいね。

関連記事

消費者金融で申込24時間OKはどこ?審査営業時間は何時まで?

2017年5月1日

保険証だけでお金を借りれる!免許証なしで借入OKの即日カードローン

2017年3月3日

ABOUTこの記事をかいた人

アバター