就職先や転職先に消費者金融の利用履歴はバレるの?

お金が必要、だから便利な消費者金融を使いたい。
そんな思いを持ちながらも就職先や転職先にバレるのを不安に感じて、なかなか行動に移せてない人、いるのではないでしょうか?

「バレたら就職決定を取り消されるかも」
「バレたら働きにくくなるかも」
と、いろんなことが頭をよぎるのも良く分かります。

でもご安心を。
最近は消費者金融を利用していても、バレるリスクはかなり低くなってます。

昔ならいざ知らず、今の時代は個人情報の守秘義務が重要視されていますよね。
就職先があなたに借金があるかどうかを調査するということは、考えにくいと言えます。

本当に個人信用情報機関の情報はバレない?

クレジットカードや消費者金融など、金融機関を利用すると利用情報などの詳細は、信用情報機関に記録されていきます。
申込み履歴、契約内容から利用した金額、返済履歴など全てです。

しかし、これらの情報は就職先や転職先に漏れることはありません。
個人の金融情報を管理・保守することが信用情報機関の仕事だからです。

集められた情報は、本人もしくは情報機関に加盟している企業(クレジットカードやカードローン会社など)のみが確認できます。
また加盟している企業でも、本人の同意なく情報を照会することはできません。
この点は大丈夫、安心してください。


情報機関経由では、就職先や転職先に消費者金融を利用していることがバレないことはわかりましたね。

ですが、自分の行動のちょっとしたことで、就職先や転職先に消費者金融の利用がバレる可能性は否定できません。
そこで、消費者金融の利用がバレる原因は何かを検証しました。

どんな時に、どんな風にバレてしまうのかを具体事例でご紹介します。
そして、バレないようにするための対策も合わせてお伝えしますので、参考にしてみてください。

消費者金融の利用履歴がバレる原因はコレ!

早速ですが、消費者金融の利用がバレる原因・理由から見ていきましょう。
情報を集める中、多かった原因は次の5つでした。

  1. 就職先、転職先への在籍確認電話
  2. 郵送物が届けられる
  3. ローンカード・通帳の管理方法
  4. 返済の滞納
  5. 職場仲間によるウワサ

①②は申込の段階で、③④は利用中でバレるケース、⑤は申込や利用中どちらにも関わってくるケースになりますね。

では、それぞれどんな状況でバレるのか、バレないための対策はどうすればいいのかを解説していきましょう。

【バレる原因①】就職先、転職先への在籍確認電話

消費者金融を利用する場合、審査の一環として在籍確認があります。
これは、申込者が本当に仕事をしているかどうかをチェックするもので、勤務先情報をもとに電話をする仕組みとなっているのです。

ほとんどの消費者金融が採用していますが、消費者金融も職場にバレないような配慮はしていて、社名を名乗らずに個人名でかけてくれます。
「〇〇と言いますが、△△さんはいらっしゃいますか?」という感じです。

これだと、電話を取った人も消費者金融からだとはスグには分かりません。
ですが、まれに感のいい人が電話をとったり、専門の電話交換手(受付電話を対応する人)がいる会社だと、バレる可能性も否定できません。

<バレないための対策>

ひとつは開き直ってカミングアウトする方法です。
とはいえ、全てを正直にOPENにする必要はなく、クレジットカードを申し込んだことにすればいいんです。

「もしかするとクレジット会社から電話が入るかもしれない」と関係者に伝えておけば、ことを大げさにされずに済みます。

もうひとつは、在籍確認電話を別の方法でやっている消費者金融を選ぶ方法です。
具体的なことは「利用がバレにくい消費者金融を選ぶポイント」で詳しく説明しますが、消費者金融によっては、電話での在籍確認を書類での在籍確認に切り替えてくれるところもあります。

【バレる原因②】郵送物が届けられる

消費者金融に申込むと、契約書や専用カードなどが郵送物として送られてくることがあります。
基本的に送付先は自宅、送り主の名称は会社名ではなく〇〇センターという感じで、直接的な社名を伏せてくれています。

ただ、不在がちの人は荷物の受け取りができないので、不在票が入っている時ありますよね。
不在票にも消費者金融の名前が出ていないために、ウッカリ転送先として会社に届けてもらうというミスをしてしまいがちです。
そうなると、受け取った人にバレることにもなりかねません。

<バレないための対策>

まず、下の表で郵送物の送り主名を確認しておきましょう。
そうすれば、どこからの郵送物かが分かるので転送のミスは防げます。

カードローン会社名 郵送物の差出人名
アコム ACカードセンター
アイフル AIセンター
プロミス 事務センター
SMBCモビット MCセンター
バンクイック 三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店
オリックス銀行カードローン オリックス銀行 カードデスク

もうひとつの方法としては「郵送物なし」の消費者金融を選ぶことですね。
今は、すべてインターネット上で物事を済ませることができるようになっています。
契約書もインターネット上で確認、カードレスで銀行振込みにしてもらえるところを選びましょう。

【バレる原因③】ローンカード・通帳の管理方法

消費者金融を利用し始めた、でも専用のローンカードを机の上に置きっぱなし・・・なんてことをすれば、バレるのはあたり前です。
また、財布の中に無造作に入れていて、ランチの会計時などに同僚に見られるなんてことも可能性としてはありますよね。

<バレないための対策>

職場は家ではありませんので、ローンカードの管理には十分注意してください。
なお、借入を銀行振込み、返済を口座振替で利用する場合は通帳に利用記録が残ります。

安心できる仲間だからと言って、軽々しく通帳を預けたり、中身を見せるような行動も厳禁です。
ローンカードや通帳の管理はしっかり行いましょう。

【バレる原因④】返済の滞納

借りたお金を期限までに返済できなかったり、滞納をしてしまうと、就職先や転職先にバレる可能性がグッと高まります。
なぜなら、消費者金融が会社に電話をすることもあり得るからです。

滞納が続くと、消費者金融は督促通知や電話など複数の手段を用いて、本人と連絡を取ろうとします。
しかし、どうしても連絡がとれない、滞納が改善されない、そんな時には職場に電話をしてきます。

もちろん社名は名乗りませんし、滞納している事実を会社の人に伝えることはしませんが、消費者金融の担当者も一生懸命なので、その雰囲気でバレてしまう事もあるでしょう。

<バレないための対策>

あたり前ですが、遅延や滞納はしないようにしてください。
借りたものは返す、これは社会人としての常識ですよね。

でも、どうしても遅延や滞納をせざるを得ないようなら、あらかじめ消費者金融の担当者に相談するようにしてください。
相手も事情が分かれば、それなりの考慮はしてくれるはずです。
逃げ回らず、担当者との連絡を密にすることがバレないポイントです。

【バレる原因⑤】職場の仲間によるウワサ

消費者金融のATMを利用する時も注意が必要です。
どんなに気を付けていても、利用する姿は誰に見られているかわかりません。
職場はいろんな人が集まっているので、アッという間に噂が広まりバレてしまうこともあります。

<バレないための対策>

とにかく、消費者金融ATMを利用する頻度を下げ、できるだけコンビニATMを利用して下さい。
そして誰に見られているか分からないことを意識しましょう。

借入金を銀行振込にしてもらえるシステムもあるので、それを利用するのもいいですね。

新卒で就職先が決まった時にバレないための注意点

新卒で就職活動をして、内定が決まった時はうれしい瞬間ですよね。
でも自分が消費者金融を利用していることがバレたら、内定を取り消されるのではないか?と不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

でも、そんな不安は無用です。
就職先があなたの身辺調査をすることはまずありません。
そんな暇がない、ということもありますが、それをしてはいけないように国からの指導があるからです。

しかし、自分自身の責任を果たせず滞納や多くの借金を抱えていることがわかると、就職に影響することは否めません。
できる限りしっかり返済をしていく、もしくは完済するよう努力していきましょう。

特に、金融機関はいろんなところにネットワークを持っているので、金融業界に就職したい人は気を付けてくださいね。

利用がバレにくい消費者金融を選ぶポイント

バレない対策も必要ですが、その前に利用がバレにくい消費者金融を選ぶことも大切ですね。
そのポイントをいくつか紹介しましょう。

電話なしのところを選ぶ、もしくは電話なしでお願いする

バレる原因のところでも少し触れましたが、一部の消費者金融は在籍確認を書類で実施しているところがあります。

在籍が証明できる書類をいくつか提出することで、在籍確認電話の代わりとしてくれるんです。
一定条件をクリアすれば利用できるサービスなので、選択肢に入れておきましょう。

なお、電話なしのアピールがない消費者金融でも、事情によっては書類での在籍確認に切り替えてくれるところもあります。
電話を避けたい場合は、一度オペレーターに相談してみてください。

郵送物なしのところを選ぶ

消費者金融の中には「郵送物なし」をウリにしているところが増えてきました。
契約書はインターネット上で確認ができ、銀行口座に振込融資をしてくれるんです。

最近はローンカードの代わりに、自分のスマホでお金が借りられる消費者金融もあります。
これらのサービスをしっかり活用して、就職先、転職先にバレるリスクを減らしてみてください。


こうして検証してみると、バレる原因の根本は自分自身にあるように見受けられます。

消費者金融を使いたい!と思ったら、しっかり情報を集め、どうしたら就職先や転職先にバレずに利用できるかを考えることが大切ですね。

消費者金融の利用は、お金を活用するひとつの手段です。
しっかりと自分で考え、行動するようにしてくださいね。

関連記事

会社にバレずにお金を借りれるカードローンは?在籍確認でバレない方法

2017年9月11日

アコムは学生でも借りれる!在籍確認・親バレ対策や就活への影響は?

2017年7月7日

ABOUTこの記事をかいた人