月々の返済額が少ないカードローンで借金すれば楽って本当?

カードローンでお金を借りたいけれど、毎月きちんと返済できるか不安に思っていませんか?

また、できれば一ヶ月あたり月々の返済額は少なめに抑えたいし、利息は安くしたいですよね。
カードローンの中には、10万円借りても月々の返済額が2,000円で済むものもあるなど、毎月の返済がとてもラクなんです。

ただし、月々の返済額を安くすればするほど、利息の総額は高くなり損してしまいます。
たとえば金利18.0%で10万円を借りる場合の利息総額は、月々の返済額によって、数千円から数万円まで膨れ上がってしまうんです。
このように、返済をラクにするためには月々の返済額だけではなく、利息総額も考慮する必要があります。
そこでここでは、月々の返済額をおさえつつ、利息総額をおさえるためのポイントなどについて紹介します。

利息総額を左右するのは「月々の返済額」と「金利」のふたつ

カードローンでお金を借りた場合、利息と共に返済していかないといけませんが、できるだけ利息を安くすましたいですよね。
そこでここでは、返済額と利息総額の関係について解説し、できるだけ利息を安く済ませる方法を説明しましょう。

借入金額が小さくても、月々の返済額が利息総額に与える影響は大きい

月々の返済金額をできるだけ低くしておけば、毎月の負担は軽く済みます。
しかし返済額が少ないと返済期間が長くなって、その分利息も長く支払う結果となります。
10万円を金利(年利)18.0%で借りた場合の、月々の返済額と利息総額の関係は以下のとおりです。

金利18.0%で10万円を借りる場合の「月々の返済額」と「利息総額」
月々の返済額 利息総額 返済回数
9,929円(約1万円) 9,218円 11回
4,992円(約5千円) 19,808円 24回
2,001円(約2千円) 86,013円 93回

(元利均等方式、毎月返済の場合)

この表のように、10万円を借りた場合、返済額が1万円、5千円、2千円と下がると、利息総額は約1万円、2万円、8.6万円と上がってしまいます。
月々の返済をラクにしようと返済額を減らしすぎると、利息総額がとんでもなく増えてしまうんですね。
月々の返済が利息総額に大きく影響することを、まずは理解しておいてくださいね。

借入金額が大きい場合、金利が利息総額に与える影響は大きい

では、金利の違いは利息総額にどれほど影響を与えるのでしょうか?
低金利と言われている「銀行カードローン(年率15.0%)」と、高金利と言われている「消費者金融カードローン(年率18.0%)」を比較してみましょう。
以下は、10万円・30万円・50万円を借りて、月々1万円ずつ返済する場合の、金利と利息額の関係をまとめた表です。

月々1万円を返済するときの「利息総額」
借入額
10万円 30万円 50万円
金利 18.0%
(a)
8,977円 99,037円 425,774円
15.0%
(b)
7,401円 75,959円 283,583円
利息総額の差(a-b) 1,576円 23,078円 142,191円

18.0%よりも15.0%の方が利息総額は安く、借入額が10・30・50万円と大きくなるほど、金利による利息総額の差も大きく開いています。
このように、借入金額が大きい場合、金利の差が利息総額に大きな影響を与えるため、高額融資を希望する場合は低金利カードローンを利用しましょう。

月々の返済額が少ないメリットは、返済がラクなこと

月々の返済が少ないと返済しやすい、ということは先ほどもお伝えしました。
毎月の返済がラクだと、気持ち的にもラクですよね。
それに最低返済額が少ない場合、「お金に余裕のある時に返済額を多くして、返済期間を短くする」などの融通がきくのもメリットです。
また、返済しやすいということは、お金を借りやすいことにもつながり、何かあった時は気軽にカードローンが使える!というメリットにもなりますね。

月々の返済額が少ないデメリットは利息総額が増えること

月々の返済額が少ないと、返済期間が長引いて、結果的に利息総額が増えるということはお伝えしています。
返済総額の負担が増えるのは、大きなデメリットでしょう。
また、返済額が少ないと返済回数が増えますよね。
長期にわたってくると、返済をうっかり忘れてしまう可能性も出てきます。
最近は返済日が近づいてくるとメールで案内してくれるサービスもありますが、自分自身の返済意識が鈍くなることはいなめません。
これもある意味デメリットになるでしょう。


メリットのところでもお伝えしていますが、最低返済額以上の額で返済することはどのカードローンでも可能です。できるだけ返済期間を短くして利息を抑えていきましょう。
ただ、繰り上げ返済方法はカードローンによっては微妙に異なりますので、つぎにそれを説明していきますね。

最低返済額以上を繰り上げ返済する方法

さて、少ない返済額で利息負担を増やしたくない場合は、繰り上げ返済するのが一番です。
以下の表のように、知名度の高いカードローンでは繰り上げ返済や一括返済は可能で、返済方法はとてもカンタンです。

繰り上げ返済が可能な有名カードローン一覧
繰り上げ返済方法
アコム 毎回の返済期日までに最低返済額以上を返済するだけ
アイフル
プロミス
SMBCモビット
みずほ銀行 毎回の口座振替に加えて、ATMから任意返済が可能。
ただし、利息の清算はみずほ銀行窓口で行う必要あり
オリックス銀行 毎回の返済期日までに最低返済額以上を返済するだけ
バンクイック
横浜銀行

そもそも、カードローンの特徴は、利用限度額以内であれば、いつでも借りて、いつでも返せるものなので、各々の返済期日前に、最低返済額以上の返済は自由なんです。
ただ、返済方法は各カードローンによって微妙に違いがあるのでチェックする必要はありますね。
返済方法が確認できたら、お金に余裕のある時にできるだけ多く返済して、早めに完済してしまいましょう。


今回は、月々の返済額と利息総額の関係について説明しましたが、返済額を減らしすぎると逆に損をしてしまうことがイメージできましたか?
お財布事情によって、なるべく繰り上げ返済を行い、できるだけ利息が少なくなるようにしてくださいね。
最後に、各カードローン会社の借入額ごとの返済額と利息総額をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

借入額
10万円 30万円 50万円
アコム
(定率リボルビング方式 18.0%)
月々の返済額 5,000 9,000 15,000
利息総額 119,772 418,982 698,327
アイフル
(借入後残高スライド元利定額リボルビング 18.0%)
月々の返済額 4,000 11,000 13,000
利息総額 126,260 388,683 751,057
プロミス
(残高スライド元利定額返済方式 17.8%)
月々の返済額 4,000 8,000 13,000
利息総額 125,864 441,402 746,160
SMBCモビット
(残高スライド元利定額返済方式 18.0%)
月々の返済額 4,000 11,000 13,000
利息総額 126,260 388,683 751,057
みずほ銀行
(残高スライド方式 年14.0%*)
月々の返済額 10,000 10,000 10,000
利息総額 106,956 371,377 371,377
オリックス銀行
(残高スライドリボルビング方式 12.0%)
月々の返済額 7,000 7,000 10,000
利息総額 108,453 393,693 731,427
バンクイック
(残高スライド方式 14.6%)
月々の返済額 2,000 6,000 10,000
利息総額 154,952 465,004 775,050
横浜銀行
(残高スライド方式 14.6%)
月々の返済額 2,000 6,000 10,000
利息総額 154,952 465,004 775,050

※みずほ銀行:住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

ABOUTこの記事をかいた人